×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メーターパネル

バッテリーの充電装置である

これは腐敗をしてやなにおい等なってしまった可能性があります。

 

メーターパネルに警告灯が頻繁についてしまうことがよくあります。

 

走行中に突然パネルの警告灯がすべて光って消えないということがあります。年式を問わず、走行距離30000キロ〜60000キロの間に起こる車が多いです。

 

ほとんどのケースであれば、バッテリーの充電装置である。ある装置の故障が一番の原因になってきます。

 

中にはパネルのバッテリーの形をしたランプだけが転倒することもあります。突然、エンジンが止まる時よりも症状は軽いのですが、この状態が長く続いてしまうと、一旦エンジンを始動ざさ武器にそのあとからかからなくなるということがよくあります。

 

対策としては、バッテリー液を適量に保ちて、充電量に気をつけるということが大切なのです。